JIO保証の安心住宅

JIOとはJapan(日本)Inspection(検査)Organization(機構)の頭文字を組み合わせた略称です。
JIOの瑕疵担保責任保険「わが家の保険」は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」に対応する保険(保険期間10年)です。 新築住宅を供給した事業者が住宅瑕疵担保責任に基づき補修を行い、JIOが補修費用の一定割合を保険金としてお支払いします。 (保険対象部は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で定められた構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分です。)

  • 地盤調査
  • 工事着工
  • 基礎配筋検査
  • 構造体検査
  • 外装下地検査
  • 完了検査
  • 建設住宅性能評価書の発行
  • 引渡し使用開始
 
地盤調査

地盤の特性に適合した基礎の形状を提案するために、建設地の地盤調査をおこないます。
鉄筋の太さや配置が図面どおりに組まれているかをチェックします。

工事着工

基礎は、引っ張り力に強い鉄筋と、圧縮力に強いコンクリートの特性をいかし一体化して重量を支えます。ですから、鉄筋の太さや間隔などが重要になってきます。
検査では、それらが「基礎仕様計画書」の内容以上で、かつ図面どおりに組まれているかを、コンクリートを打ちこむ前に目視(もくし)及び計測でチェックします。
また鉄筋をつなぐ部分での。鉄筋どおしの重ね長さなども確認します。

構造体検査

雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査します。断熱材が図面通りに使用されているかなどをチェックします。

外装下地検査

雨水の浸入を防ぐため、外壁の防水処理(貫通配管など)やバルコニーが設計図通りになっているかをチェックします。

完了検査

雨水の浸入を防ぐため、外壁の防水処理(貫通配管など)やバルコニーが設計図通りになっているかをチェックします。

家を建てる土地の地盤調査を実施し、建築後に不同沈下などの欠陥が発生しないような基礎の仕様を決定します。着工したら、基礎の鉄筋などを検査する「基礎配筋検査」、屋根や壁を支える土台や柱・梁などが図面通り施工されているかを検査する「躯体検査」、2回の現場検査を行ないます。

検査に合格すると、お引渡しより10年間、2,000万円(最高5,000万円オプション)まで建物の住宅瑕疵担保責任保険に加入いたします。
安心してお住まいいただける家造りを目指し、土地の確保から、設計、施工にいたるまで、一環したコンセプトで家造りをしております。

※1.平成20年10月以前に着工した物件は「わが家の保険」の対象ではなく、JIOの10年保証が対象になります。